当院について

タイトル画像

院長ごあいさつ

画像 1955年に6畳一間の間借診療所として生まれ、地域の皆様の役に立つ病院として、体をこわした時に、生活や仕事が大変な中でも頼れる病院であり、最後のよりどころとしての役割を果たしてきました。近年、医療が高度化・複雑化する中で、安全・安心・信頼の医療が求められています。一方、相次ぐ医療・社会保障改悪による患者様・利用者様の負担は増え続けています。お金がなければ医療・介護が受けられない深刻な事態が広がっています。お金の有無に関わらず、安心して受診いただけるよう差額ベッド料を取らず、無料低額診療事業などでよりかかりやすい病院を目指していきます。
 また健生会の介護老人保健施設、診療所、訪問看護ステーション、ホームヘルパーステーション、通所介護、通所リハビリ、訪問リハビリの各施設とのつながりを深め、そして他の病院や地域の開業医の先生とも連携を密にしながら、安心して住み続けられるまちづくりを担っていきたいと考えています。
 当院は中規模の病院でありながら消化器病センター(大腸肛門病センター)を併設し、近畿圏でも特色ある病院として発展してきました。大腸・胃・肝臓・胆のう・すい臓など、消化器全般の病気について早期発見から治療・緩和ケアにいたるまでの医療を強化していきます。これからも、地域医療に情熱を持ち、その使命を自覚する若手医師や看護師をはじめとした医療従事者を地域の皆様と共に育て、明日の地域医療を担う人材を育成していきたいと考えています。
 先輩たちが作り上げてきた土庫病院を、地域の皆様と共に「無差別平等の地域包括ケア」を目標に、地域の皆様が安心し暮らせる地域をめざしていきます。微力ではありますが力を尽くしていきたいと思います。今後とも、より一層のご指導、ご鞭撻をよろしくお願いします。
                           土庫病院 院長 山西 行造

理念

無差別・平等の医療、安全・安心で信頼される医療を実践します。

基本方針

1.安全・安心の医療を実践するため、新しい医学・技術を学び専門的な力量の向上に努めます。
2.患者さまの『人権』を守る医療、患者さまと共同の営みととしての医療を目指します。
3.安心して住み続けられる街づくり、平和を守る運動、社会保障の充実を求める運動にとりくみます。

患者さまの権利に関する宣言

1.安全で良質な医療を平等に受ける権利
2.十分な説明と自らの情報を知る権利
3.自分が受ける医療を自ら決定する権利
4.尊厳が保たれる権利
5.個人情報の保護に関する権利

概要

                       

こちらから

施設・認定基準

           

こちらから

無料低額診療について

                       

こちらから

学会発表・論文

                       

こちらから

英語抄読会

                       

こちらから

ページ上部へ